1. 大内町葛岡はどの辺ですか

カメさん、長岡さん、私、ショーちゃんのネクタイ姿の4人は、
秋田市から国道7号沿いにそれぞれの思いを感じながら、春の喜びが青く広がる
穏やかな海を眺め本荘市に入った。
市内の郵便局、合同庁舎のそばの国土交通省鳥海ダム調査事務所の2階事務所の
戸を開けるとまだ、ストーブが置いてある。そのストーブの前にN課長さんが座って仕事をしている。
「ご無沙汰しております。」
とカメさんと長岡さんがまず、挨拶を行った。
「あー、しばらく振りですね。」
とニコニコ顔のN課長さんである。
「お世話になります。」
と私も続いて挨拶をすると、
「あーご一緒ですか。どうも、遠いとこ、ご苦労様です」
とN課長さんの優しいねぎらいでの言葉である。
カスミ桜
「どうぞ、どうぞ。」
と応接セットに案内されて、山形から単身赴任しているN課長さんと
建設省(国土交通省)の用地出身のカメさん、土木技術出身で、
山形工事事務所(山形河川国道事務所)で付き合いがあった長岡さん、
チョッピリ知り合いの私は仕事中にもかかわらず、山形からくるコースや、
同じ用地出身で私の会社に勤めていて亡くなった舘野さんのことなど、
世間話をしているうちに、私の頭に桜のことが浮かんで来た。
「ところで、課長さん大内町葛岡はどの辺に当たりますか。」
「えー、大内、葛岡ですか、なんかしたんですか。」
カスミ桜の写真はこちら

現在、コメントは受け付けておりません。