1. シュナはシュナウザー

 ぼくの主人のひーちゃんは、春さくらの季節を迎えると落ち着かない。
ぼくが生まれて5ヶ月の寒い日にこの家に来てから3年半ばかりになるが、
ぼくのもう一人の奥さん主人のマーちゃんが
「シュナがうちに来てから旦那さまが
さくらで落ち着かなくなったとシュナのドイツでもさくらがあったの。」
とぼくに聞くんだよ。
 えーーと、ぼくは、少し垂れ目に見えても先祖がドイツなんだ。
ぼくは、福島の郡山生まれなんだけどね。ミニチャーシュナウザーと言う血統なんだ。
山形のペットショップでマーちゃんからカワイイぬいぐるみみたい
と惚れられてこの家の一員になっただけど、ぼくを決める一番の理由は、
マーちゃんのおかあさんの誕生日と同じだったんっだてさ。
種蒔桜
それでね、シュナと言う名前なんだけどね。
ペットショップでシュナウザがぼくしかいなかったので短くシュナと言われてたんだ。
この家のひーちゃんとマーちゃんもダンキホーテとか、ゲルマンとか、ハイジーとか言ってたけどね。
名前を考えるのも面倒になってドイツらしくイイとシュナの名前になっちゃった。
 この家でぼくの友達の次男坊のよーちゃんも
アッテルアッテル、ドイツか、イギリスの男爵みたいだってさあ。
でもね、この家に来て、暫くはサークルにはいっていたんだけど、
サークルが置いてある壁に紙の短冊にシュン介の家とようちゃんが書いたんだよ。
うれしいんだか、悲しいんだわかんなかったよね。
 ぼくの自己紹介は別にして、さくらはドイツで無くアメリカだと思だよなあ。
種蒔桜の写真はこちら

現在、コメントは受け付けておりません。