4. さくらを見過ごす

国道347号との交差点で左折のウインカーをピカピカしながら
ブルーバドは赤信号のため信号待ちをしている。
 「荒井さん、右手看板に小野温泉とありますね良い温泉ですかね。有名なんですかね。」
とカメさん。
 「わたくしも、入浴したことないでワカンナイですね。
余り聞かないからメジャーじゃないじゃないですか。」
 「荒井さん、リカちゃんの絵もありますよ。」
 「リカちゃんのタカラ工場があるんですよ。
リカちゃん人形は、ここで生まれたんですよ。知らなかったですか。」
 「えーそう。ほんとですか。」
吉野辺の櫻
 信号は、青に変わるとさくら探しのジャントルの4人の乗った車は、
磐越自動車道と並んで走る国道347号を北西の吉野辺に向かって行く。
道路は高速道路(常磐道)を潜りぬける。
 「荒井さん、1kmぐらいに神社があるはずなんですが」
 「えーと神社は見当たらない、雑木はあるですが、
小さな丘の上い祠らしき物もある、さくらは無いし。」
 「荒井さん、左の方にお寺らしき建物がありますね。
そして、道路勾配が上りになってて、峠に向かいそうだよ。」
とカメさん
 「そうそう、だいぶ上りだよ。」
と長岡さん
 「やっぱり、もしかして、さっきの祠がそうか。じゃあ戻りますぜ。」
吉野辺の桜の写真はこちら

現在、コメントは受け付けておりません。