グルッと廻って県民の森?

 大石田の愛宕山のシダレザクラを見学後、昼食に蕎麦を味わったひーちゃんとマーちゃんと、
そして、昼食もオヤツも無かった僕を乗せたアイシスさんは、国道347を南下してしながら、
次年子蕎麦、樽石蕎麦等の蕎麦談義をしながら村山市富並を過ぎ隼の瀬がある川下り乗船上を
見ながら、長島、みかせの橋(この最上川に架かる橋も、同じホームページに絵になっているよ。)
を渡り、村山市大久保を過ぎ河北町に入りました。
嶽原のオオヤマ桜
 河北町は、紅花のまち、古典雛人形の町、秋は谷地八幡様の舞楽と奴行列、スリッパの町と
ひーちゃんの観光案内を聞きながら、さくらんぼの里、寒河江市に入り寒河江川を渡りました。
確かこの上流の白岩に、種蒔き桜さんがいましたね。
淡雪と羊羹が美味しい岩城屋さんがありましたね。
と、ぼくも、独り言を言っていると、最上川架かる長崎大橋(この橋も、同じホームページで絵になって
いるよ。)を渡って中山町に入りました。
この町の南の方にお達磨の桜さんがいるんだよなあー。わんわんと言いましたら、ひーちゃんがです。
 「スーパーヤマザワから、右折して左折して真っ直ぐ行って、右に戻ってJR左沢線線を渡り左に折れ
 て、山辺町を抜けて、山形市の村木沢から門伝にから県民の森へ行く。」
と言った通り、門伝に着きました。
 何だか、国道13号より、早い筈ですがグルッと廻って来た感じがします。おっと、九十九折の道だー、
気持ち悪いー、
 「あ、来過ぎたかな、間も無く、大沼、県民の森だ。」

現在、コメントは受け付けておりません。