そば、仙台もがみ野

「天童の長岡だわ、会社の近くね。シュンちゃんと出会ったペットショップも近くね。あら、わかんの、
匂いでもすんの。」
天童も過ぎ、東根も過ぎて快調に青空の中を走っています。
「大石田って、村山市楯岡の北の町って言ってたけど、尾花沢のドッチ。」
「尾花沢の西で、最上川の堤防に船着場の絵が書いてある処で、大正時代に架けられた
絵になる橋の傍から3年前程、見た町で、去年、大石田の役場の近くの船の格好した建物の中で
新蕎麦祭りが催され食べたところだよ。 大石田も蕎麦がおいしいところがあるんだよ。」
「堤防の絵は大石田、あー、思い出したわよ。千円で食べ放題なんだけど、2杯しか食べなかった
んだけね。外で特産物の販売もあって、大根と漬物買ってきたところね。漬物はぺそら漬と言うんで
したね。」
「わんわん、わん」
「シュンちゃん、楯岡を通過してるってね、俊くんと、タッちゃんと会うのは今度ね。
ところで、ダンナさんの会社で、ダンナさんがコーデネートした、
蕎麦屋さんが仙台市の東北大学医学部の正門前近くに去年出たんだけど、どうなんだろうね。
だんなさん。」
「山形の天童で朝打った蕎麦を毎日届けている店なんだよ。お客さんの評判はイイんだよ。
人気メニーは、“もりそば”と、“もがみ野”、夏は“だしそば”だよ。山形の朝採り野菜も扱っていて
これも、評判いいよ。」
「わんわん、仙台市の青葉区木町通り1-8―18田村ビル、
TEL022(215)2253
もがみ野という店ですって、皆さん、近くに来たら是非寄ってください。ひーちゃんダンナさんの店で
す。宜しくお願いします。わんわん。」
愛宕山のシダレザクラ

現在、コメントは受け付けておりません。