伊達の野山を走る走る

愛蔵寺の護摩桜を後にして、国道349号に戻り川俣町を目指して北進した。
東和町役場前を通過しメーターを覗くと車が喉をカラカラにしてガソリンを欲しがっている。
左折して東和町の町中に入り給油して又国道349号に戻った。
 川俣町に入り老人福祉センターから左折して国道114号に出て、
トンネルを潜り北東に走り青木平から右に折れて県道51号で又北進してと、
伊達の野山を走る走る。
秋山の駒ザクラ
 この辺も最近までは、いにしえから続く桑畑だっただろうなあー、
オーロラのように光る絹織物が京を目指して旅立った里だろうなあーと、
運転中ながら瞑想にふけっていると山里秋山に到着した。
 駒ザクラの案内板に導かれて左の細い道に、更に左折して砂利道の細い農道に入った。
小さな橋を渡り、グーッと坂道を上るとテントが見えお母さん達が特産物を広げている。
ハンドルを切って駐車場に車を止め、西を見ると山に日の光が隠れようとしている。

現在、コメントは受け付けておりません。