バンジージャンプと雪の山

国道112号を寒河江方面の方向へ車を走らせて行くと
右手に月山あさひ博物館があり渓谷につり橋が架かっている。
このつり橋の中央から谷底目掛けてジャーンプと鳥にでもなったかのように飛び降りていく。
七五三掛桜
観客からは、歓声と拍手が沸く、私にはトテモ、トテモ、ダメです。
後ろから押されても冗談でないが、今は、何時からオープンするか分からないが
観客もなく静かに、渓谷の向こう岸の旧道トンネル跡に月山ワインが冷たく眠っている。
月山ダムを過ぎ大網の集落に向かう道を左に折れると道はクネクネ、クネクネと上って行く。
両側は雪の山である。
「シチゴサン掛け桜はいつ頃咲きますか。」
「あー、シチゴサン掛けでなく、しめかけ桜(七五三掛)ですよ。
今年は特に雪が多かったので5月の連休でも満開でないと思いますよ。」
3日ほど前朝日村の観光課に桜の情報を電話で聞いたことを思い出した。
七五三掛桜の案内板に誘導され、またクネクネ、クネクネと上って行くと
注連寺というお寺に着いた。

現在、コメントは受け付けておりません。