8. 帰り道に雪の花

僕は、角館の武家屋敷で一寸の時間でしたが散歩してもらい、
大切な桜かドーか知りませんでしたが根元に記念にオシッコをしましたら、
ひーちゃんからの力でリードを引っ張られてブランコのように成りました。
 角館の桜見物を終えて帰宅の道を急いでランクスくんは南に向かって走っていきますが
夕暮れの空の雲行きが怪しくなり。秋田,山形の県境では4月の下旬でというに
空から降ってくる白い雪さんに出会いました。
角館の桜
金山町を過ぎて新庄に抜ける峠道ではフロントガラスに雪さんが邪魔するように
ランクスくんに向かって来て先が見えなくなりました。
 ひーちゃんは、
 「俺が運転する。道路の脇に止めろ。」
と、まーちゃんに言って車を止め運転手になりました。
さすが、まーちゃんよりは悪路の運転は上手です。
 僕もすこし安心しましが、峠の雪さんは容赦しませんでしたが
慎重なひーちゃん運転手のランクスくんは峠を通過しました。
 桜の白い花を見て、桜吹雪はいいだろうとな思っていたら、雪の白吹雪でした。
写真はこちら

現在、コメントは受け付けておりません。