6. 角館に到着しました。でも、武家屋敷は北です。

国道105号戻ってまた、北の方角に向かってランクスくんは走っています。
北の方向は、僕の方位アンテナで分かりますが、ひーちゃんは地図を見て北、
北と前に走る車を見て何回も言っています。
 「あれー、サッキ見た桜の場所は上野と言っていたけど仙北郡角館町だよ。
 へー、そうなんだー、ジャー間も無く角館の市街地に入るよ。」
と、ひーちゃん。
 「道が広くなってきたわ。いろんな店も連なってきたわ。」
 「間もなく。地図によると角館駅の近くを通過しまーす。角館の武家屋敷はもっと北の方だよね。
 3年前には上町の兄さんと姉さんが乗った車が先導してくれたので、全く武家屋敷の場所を
 覚えていないよね。地図では仙北郡角館町の市外地を通り過ぎてから、左に曲がるンだがなーー。」
角館の桜
 「大分、市街地から走ったわ。下り坂だわよ。丁字路よ。信号があるわよ。」
 
 「信号の左手は渋滞してるね。前の車が左に曲がって行くくし、信号の右から来るバスも
 そのまま進んで行くよ。左の方がキット武家屋敷だよ。」
 「方向音痴じゃ無い、大丈夫なの。シュンちゃんどうーー。」
 「わん、わん。」
 「そうーー、ジャー信号から右に曲がります。でも渋滞ね。」
ランクスくんも心配げに
 「ノロイナー、ぶーー。」
と歩きます。
 大きな上り坂のカーブを上り切ると、下り坂のカーブです。
 道は広く現代的ですが何となく寺町のような匂いを感じ始めた時です。
 「あーー。」
とひーちゃんが声を出しだのです。
※仙北郡角館町はH17年9月20日より、仙北市となりました
写真はこちら

現在、コメントは受け付けておりません。