2. 会津若松まよい道

一箕町に居ることは確かであるが、私の開いている地図を穴が空くように見ても
石部という地名が見当たらない。あてズッポに広い道、狭い道を左に折れ
二回ほど右、また左にハンドルが回すと、何時の間にか会津大学の付近まで来てしまった。
 誰かに聞くのが一番と歩くスピードに落とすと丁度、年配のおじさんが歩いている。
 「すいません、お尋ねしますが、石部桜は、どの辺にありますか。」
 さくらの場所の近くにいるかも不明である。また、西会津のように、
もしか「わかんね」とも答えがくるのかと一瞬左脳をよぎったが。
 「桜かえ・未だ早いと思うよ、この道を真っ直ぐに行き右に行って、
左に行くと太い道にでっから、それを右に行くとコンビニがあっから、
そっから左に上って行くとあっから。」
石部桜
と詳しく説明してくれた。
 「ありがとうございます。」とお礼を言い車を走らせたものの、
右か左か頭の中でゴチャゴチャになっていた。とにかく、
どちらが北か南か検討がつかない、右ききなので右、左、右、左と進むことにした。
 右に折れ左に折れると広い道路に出た。
右にハンドルを切りコンビニを捜しながら走るとやはりコンビニがあった。
左にグイット細い道に曲がって入ってアクセルをやや、強く踏んだ。
 住宅の合間の道を曲がりながら緩い勾配の坂道をのぼって行くと田んぼ、
畑に出てしまい道が急に狭く前に進めなくなってしまった。
石部桜の写真はこちら

現在、コメントは受け付けておりません。