2005 年 3 月のアーカイブ

5. 子供と修羅地蔵とニラへのパーマリンク

2005 年 3 月 9 日 水曜日

いつも、ランクスくんと待っていること多いので、今日は内緒で
30倍もズームできる双眼鏡と超感度のマイクを隠しもってきたんです。
ウフン。
ジャー、ひーちゃんの方を覗きますよ。
ひーちゃんは写真のシャッター押しながら桜を目指して歩いていきます。
おや、桜の前でひーちゃんが立ち止まった。
桜の幹を眺めているのかと思ったらです、
小さな修羅地蔵に並んで男の子が2人並んで座っています。
なんか桜を守っているのかのようです。
ひーちゃんは男の子に話かけています。「高感度マイク。」
「小学生。」
と、言われて“ウン”と頭を縦振った。
「なにしてんの。」
「遊んでいんの。」
と、答えたがひーちゃんが人相でも悪かったのか
2人ともサーット土手の下に走り去っていったようです。
「修羅地蔵と男の子か。」
と、ひーちゃんは呟いていたんですが、また、アッチコッチから写真を撮り始めて
土手の下に消えて行ったようです。
古館の桜 マーちゃんも姿は、あれー見えない。“いたいた”畦でしゃがんで何か採っている。
ふきのとうかな。違うようです。
ニラを根ガラみ採ろうとしているですが千切れてしまいって、小枝でほじくっています。
“高感度マイク”ひーちゃんが写真取り終えてマーちゃんとこへ戻ってきました。
「何採ってんの。」
「このニラ緑色で美味しいそう。昼前、ニトリで売ってなかったの、
桜さんに断って1株記念にね。でも根っこから採れないの、手伝って。」
「どっかで売ってるよ。」
「そうね。戻りましょう。」
と、戻ってきた。
ブブーとランクスくんが次の桜探しに出発しようとエンジンを全回転させたので
名残惜しく後ろを振り向くと。
「ニラ玉スープに桜の花を散らせると綺麗かも」と桜さんが言っています。
古館のさくらの写真はこちら

4.古館のさくらへのパーマリンク

2005 年 3 月 2 日 水曜日

「鉾衝、古館はアッチ、国道の向こうだ。
さっき、じいちゃんの車とおかあさんの車2台が
真っ直ぐの道路を走って行ったよ。マー行ってみよー。」
「シュンちゃんOK,シュッパーツ。」
と、昼ごはんで満腹になった、ひーちゃんとマーちゃんは鳥居の前を出発したんです。
国道という道路を越してグニャグニャと知らない道を通っているようです。
「この辺が鉾衝きだと思うんだが桜がないなあー、家があるから、
止まってチョーダイ、じゃー、聞いてくるね。」
と、ひーちゃんが玄関の中まで入っていって
マーちゃんよりズート若いおかあさんと道路まで出てきた。
僕も心配になったので都合よくマーちゃんが窓を開けてくれたので、
耳をたてて聞いていると一寸太りキミのおかあさんが指をさして説明している。
どうやら、この道路を暫く走って右に折れ、小さく見える橋を渡るとあるそうです。
古館の桜
僕も一緒にお礼のため頭を下げてスタートした。
ランクスくんも僕と同様に道順を聞いていたらしくね、
スムーズに車が橋を渡りきるとね、桜らしきものが小さく見えてたんです。
「あれだ、あれ、あそこを左に入っていって見て。」
と、またひーちゃんが興奮気味に怒鳴っています。
まーちゃんとランクスくんは、慌てさんなといいながら左に折れると
広い道が行き止まりになってランクスくんが止まると相変わらずセッカチなひーちゃんは
トランクからカメラを取り出し走って行ってしまったんです。マーちゃんもです。
「また、まっててね。」
と、桜の方へいってしまったのです。畑の奥にノッポの桜が
そよ風に吹かれて青空に花を見せています。
古館のさくらの写真はこちら