2005 年 1 月のアーカイブ

4. バラとさくらとふきのとうへのパーマリンク

2005 年 1 月 26 日 水曜日

 ひーちゃんが車の中で待っているのでね、
ランクスくんは、黙ってしゃべらないんです。
ひーちゃんはアクビをしていたが椅子を倒して
一瞬寝たかと思ったらパッと目を開き外を見たまま目をつぶっています。
「お待たせ。やっぱり、ニラの苗は売ってなかった。
わたし、バラが好きなんで、真っ赤な色が咲く
鉢植えのバラとネギを買ってきたわよ。
家にもどったら素敵な鉢に植え替えしてね。」
と言いながら、ネギはトランク、バラは後ろの席の下に置いた。
ぼくは、桜探しでバラかと思ったが黙っています。
後ろの席の窓の高さでバラのトゲが見え、倒れてきたらと考えると
オチオチ寝ていられないと心配しています。車の運転手は
マーちゃんに交代して長沼町を更に西に走ります。
「横田というところはこの辺かな、
えーと、阿部さんの資料だと横田、古館の種蒔桜なんだがなあ・・
右手の山沿いに桜がありそうだ。そこの道をライトタウン。」
と、ひーちゃんパパ。
護真寺の桜
「ライト、レフト、野球じゃないわよ。右ねー。」
と、マーちゃん。
「アーエー、幼稚園と鉄工所があって行き止まりで桜はなさそうだ。
鉄工所の人に聞いてくるね。」
と、ひーちゃんは地図と資料を持って鉄工所の方へ向かっています。
「シュンちゃん車から降りてオシッコしようね。」
と、マーちゃん。
ぼくは、ランクスくんからポント降りると草むらに一直線に走って、
マーちゃんの大好きな“ふきのとう”はコッチと教えてあげた。
「シュン、シュンちゃんだめよ。走っちゃだめ、
アーラ“ふきのとう”シュンちゃんありがとうね。教えてくれたのね。」
ぼくは、草むらに思いっ切りオシッコをした。
マーチャンは大分伸びたふきのとうを両手にとって
ランクス君のところに戻ると、ひーちゃんも戻ってきた。
「古舘は鉾衝で道路の向こうだって、横田の桜はお寺さんとこの桜っだって。
国道に戻って少し行って、牛乳屋さんから右だって。”ふきのとう”採ったのー。」
「シュッパーツ。」
護真寺のさくらの写真はこちら

3. ちょっとー、買い物へのパーマリンク

2005 年 1 月 19 日 水曜日

「須賀川インターチェンジで降りるよ。」
「え、白河じゃないの。」
とマーちゃん
「白河は後回しで、長沼町に2本バッカし桜があるからね。」
「須賀川って初めてね。どっかで聞いたことあるんだけど。」
「上町のにいさんとねいさんが3年前に須賀川に牡丹見物に来てね
土産に牡丹をもらったところだよ。牡丹で有名なところだよ。」
「ここが、あそう。牡丹はまだ早いわね。」
「トイレ休憩するよ。さくら見物でトイレが無くてね、
立ションとなったら格好が悪いからな。」
「そうね、水分補給よ。シュンちゃんも水分補給。」
須賀川インターチャンジのゲートを出たランクスくんは、
ひーちゃん運転手からハンドルを回され、
休憩場所に「はー。」と言いながら駐車した。
ひーちゃんとまーちゃんは管理事務所のトイレ方へ歩いていった。
護真寺の桜
「おい、シュンスケ、お前もドイツのブランドらしいが、
向こうに同じドイツのブランド、ベンツがドシット休憩しているぜ。」
「ランクスくん、トヨタも世界のトヨタだよ。それよりね、オヤツあるかなー。」
「旦那さんが戻ってきたよ。ガー、ガーガー。狸寝入りしよう。」
「シュンちゃんオシッコして、水飲んで出発よ。」
と、マーちゃんがドアを開けたので、ぼくは急いでオシッコし、水を飲んで車に戻った。
休憩を終えたランクスくんは、国道118号を西に向かって快調に走って長沼町に入った。
「ちょっと、あそこにも、ニトリ(ホームセンター)があるわよ、
ニラの苗が売ってるかもしれないわ、ちょっと寄ってね。」とマーチャン
「あ。え、そうー。」
キキーー
護真寺のさくらの写真はこちら

2. さくらのうたへのパーマリンク

2005 年 1 月 12 日 水曜日

「おい、ポンと俺の座席に乗ってきたが、シュンタ何処へ今日は行くんか。
ご主人さんが昨日の夜に、機嫌良くビールと冷酒も飲んでいたんで
何かお出かけかと思っていたとこさ。ママさんも森山という歌手が歌って流行している
サクラという歌のCDを100ぺんばかり聞いているから、桜の季節かなとは思っていたがね。
えー白河あたりだって、そうー。」
と、ランクスくん。
「運転手はひーちゃんパパだよ。トランク開けろと言ってるよランクスくん。」
「いま、開けまっす。」
護真寺の桜
「おにぎり弁当、カメラ、お茶、シュナの水、リールを積んでくれた。」
とマーちゃん。
「火元、窓の戸締り、じいちゃんの部屋の戸を閉めてと頼んだのに開いてたわよ。
点検OK。シュンちゃんは乗ったの?」
「後ろの席にいるよ。」
「じゃー出発。」
「OK,OK.ランクスいくぞーー。」
と、ひーちゃん。
まだ花々が咲くには早い千歳山の麓を出発した。
ブオーーと2人とミニドックを乗せたランクスくんは、
山形自動車道から東北自動車道を南に向かって走り、郡山を通過した。
護真寺のさくらの写真はこちら

1. 桜は咲いてるかなへのパーマリンク

2005 年 1 月 5 日 水曜日

 ボクチンは朝夕はコタツが恋しくなる4月の初めです。
「犬のくせにコタツなんかにもぐりこんでダラシない。」
とひーちゃんパパが僕を怒るですが、
僕だってセントラルヒーテングでの場所で生まれたんで
毛皮を着てたって寒いのは寒いといいたい所なんですが、
コタツの中でひーちゃんのデカイ足に回し蹴りでもされた大変なんで黙っています。
ひーちゃんは今、テレビの天気図を食い入るように見ていますが、
さくら前線の地図のようです。
「さくら前線が白河の関を越えたよ。」
とウキウキ声で台所にいるマーちゃんママに声をかけた。
護真寺の桜
「そう、まだ、4月の初めよ、去年は4月下旬に福島の南でも満開でもなかったでしょう。」
「テレビで白河あたりがここ2・3日の間が見ごろだってさあ。
会社のKくんが調べた資料も4月の10日前後だよ。」
「じゃあ、また、行きましょうか、シュンちゃんの生まれた近くに。」
「あさっての、第2土曜日がいいな。天気予報も晴れだよ。」
と、ひーちゃん
「咲いてるかなー。」
と、ぼく心配です。
護真寺のさくらの写真はこちら