2004 年 8 月のアーカイブ

9. カスミ桜を尋ねての追加へのパーマリンク

2004 年 8 月 25 日 水曜日

満開に咲いたカスミ桜を訪ねて今度何時こられるかわからない
カメさん、長岡さん、私、ショーちゃんは秋田県指定天然記念物400年の樹齢の腰が低い桜の前で
記念写真を撮って駐車場に降りた。
私は一軒のかすみ温泉の全景や周囲の景色を本荘市でかった
バカチョンカメラで撮り終えて駐車場に戻ると、カメさん、長岡さん、ショーちゃんの3人が
沢の方を眺めている。
清らかな沢の流れを見つめて山間の自然を堪能しているに違いないと感じながら
3人の方へ近づくが3人の目は沢の方から離れない。
 「なんかしたんですか。」
と声をかけると、ショーちゃんがニコニコしながらこちらに歩いて来た。
カスミ桜
 「あのですね、沢の向こうの道路に2匹の白い猫がいたんですよ。
 それがですね。ふっふ、道の真ん中で愛し合っていてですよ、車が音を立てて前から来ても
 愛が止まらないですよ。車の運転手も仕方がないから車を止めて、愛が終わるまで
 邪魔をしないようにしてくれたんですよ。」
とショーちゃんは楽しそうである。
 「えー」
と沢の向こうの先ほど走ってきた道を見ると、車もすでになく2匹の猫が道の端の草むら付近にいる。
 
「あの猫たちですよ。」
と指をさした。
 カメさん、長岡さん、私、ショーちゃんはカスミ桜より猫の話に花を咲かせて車に戻った。
 沢の流れが今度は夫婦で来てねとささやいて、白い猫たちは今度来るときは
大家族で迎えますよと見送っているようである。
カスミ桜の写真はこちら

8. トタンの笠を被ったへの字の桜へのパーマリンク

2004 年 8 月 18 日 水曜日

かすみ温泉の駐車場からカメさん、長岡さん、私、ショーちゃんの4人の男は、
高さ5m程の土手を上り土手の途中まで来たとき、一台車が駐車場に滑り込むようにしてとまった。
そして、夫婦であろう二人が土手を上ってくる、私達と同じく桜見学に違いない。
土手を上ると、
「遠くからご苦労さん。未だ花は10日程早いんです。」
カスミ桜
と腰からフカブカと頭を地面まで着けて謝っているような古木の桜が、
腰にトタンの笠を上げてイタイタしく折れ曲りながらも、枝を張り、花を咲かそうとしている。
カスミ桜の奧には、人気が無く、朽ちはじめている藁葺き屋根の家が、
こちらを見つめているようである。
カスミ桜の写真はこちら

7. かすみ温泉へのパーマリンク

2004 年 8 月 11 日 水曜日

 「あれだよ。かすみ温泉はきっと」
とカメさんが声を上げた。
 多分、2・3軒の温泉宿が湯煙を棚引かせながらひっそりお客さんを待っている光景を想像したが、
峠を下ると直ぐに道が広くなり右手の沢の傍にポツンと一軒の古ぼかしい現代建ての
宴会場、食堂風の大きな建物が見え、かすみ温泉と看板があげられてあった。
 「民宿かな。温泉だ。かすみ温泉と書かれてありますよ。」
とショーちゃん運転手が車を道路の端に止めた。
 車を降りて沢に架かる橋を渡ろうと近づくと向岸のかすみ温泉の方に
矢印とカスミさくらと書かれているギ木つくりの道しるべがあった。
カスミ桜
 「向こうですよ。温泉のところにあるんですよ。」
と私の声もカン高くなった。
 かすみ温泉に引き込まれるようにして4人は橋を渡った。
温泉の玄関付近にも桜らしき古木が見当たらない。
右奥に駐車場があるが沢沿いの樹木にも太い古木の桜が見当たらない。
なにせ、花芽も葉も春の陽気にもかかわらず目をかすかにあけまだ眠いと言っているようで
どの木が桜か分からない。
 「あれじゃないですか。」
とカメさんが駐車場の左奥の上を指差している。
 「あれかなあ・・余り大きくないし、トタン屋根かなんかだよ。」
と長岡さん
 「とにかく行って見ましょう。」
カメさん。

6. 村の中を通って何処へへのパーマリンク

2004 年 8 月 4 日 水曜日

カメさんと長岡さんが尋ねた店は酒屋さんであった。
ジャージのエプロンを掛けた若い店員から道案内を受けていた。
私は車の中から耳を立てて聞こうとしたがウサギの耳のように長くないので聞こえない。
私も一緒に聞こうと車から降りて聞くことにして店に入った。
 「間も無く行くと、右手に番小屋のところに道あるんですって。
 そこから、その道は進んで左に折れて右に行くと部落があるんだって。
 その中を抜けてズート行くとカスミ桜は知らないがかすみ温泉があるって。
 店員はアルバイトだって。それでさくらを知らないのかな。」
カスミ桜
行き先を聞いた4人組は、番小屋から右、左、右と、静かな農村の合間の曲がりくねった道を、
家を眺めながら通り過ぎると、舗装はしてあるものの、山へ向かう林道のような細い道を登って行く。
「グニャ、グニャと山道、何処へ行くんでしょう。一人じゃ心細く、とても来れないっすね。」
とショーちゃん運転手。
ちょうど峠だろうところに薪を積んで、スノーダンプの置いてある、
山の暮らしに溶け込んでいる一軒の家があった。
私も随分田舎育ちであるが、私の田舎の部落から数キロ上ったところにも、
山に溶け込んだ家があったと郷愁さえ感じた時、
急に下り坂となって林の奥に大きな建物が見えてきた。
カスミ桜の写真はこちら