‘愛染神社の桜’カテゴリーのアーカイブ

愛染神社の桜(オサヤジの種まき櫻)へのパーマリンク

2008 年 2 月 28 日 木曜日

愛染神社の桜(オサヤジの種まき櫻)
   山形市大字松原
      樹  種   エドヒガン
      樹  高   
      根 廻 り  5.7メートル
      目通り幹周り 
      推定樹齢   600年

愛染神社祠を包む桜へのパーマリンク

2008 年 2 月 28 日 木曜日

雑木、杉木立の階段を上り、小さな石の鳥居を潜ろうとすると
木漏れ日が参道を照らしてくれています。
 木漏れ日の道案内は、背の小さい僕にとってはありがたい事ですと思いながら
坂道を上り切ると、平らな処に着きました。
辺りを見ますと石碑と灯篭があり、桜が何処かと見渡すと、
ひーちゃんが小さい祠を覆う桜をバシャ、バシャと写真を撮っています。
 ぼくは、マーちゃんを引っ張って祠の前まで来ると、ひーちゃんは桜に近寄ったり、
後ろに廻ったりしていましたが、姿が見えなくなってしまいました。
 ぼくは、少し心配になり、追っかけようとマーちゃんの顔を見ると、
休憩よと、言う笑顔で、慌てません。
 しかし、ひ―ちゃんの姿が見えないので、力一杯でマーちゃんを
50メイター程引っ張ってオサヤジと子丘の上まで行って見ると、ひーちゃんは、
上山に通じる古道に佇み高速道を眺めていました。
愛染神社の桜
 僕は、マーちゃんが綱を放してくれたので、一目散にひーちゃんの傍に駆け寄り、
後ろを振り返ると、エドヒガン桜が青空をささえるように咲いていました。

松原の子丘にさくらへのパーマリンク

2008 年 2 月 28 日 木曜日

「ザリガニは、ウマイともいえないよなー、今日はザリガニを捕まえに来たんでないよ、
さくら、桜、えーと、地図を見ると、あそこの丘あたりらしいよ。さー行こう。」
 「あら、丘の直ぐ後ろに、道路が走っているわよ。えー高速道路ですって。」
 「あそこに階段らしきもんがあるよ。そこの広場に止めて見て来るよ。」
とひちゃんは、車を止めて、外へ出て案内板を眺めている。
 「ここだっだら、オシッコも出来から、シュンちゃんも行く。」
 「ワンワン。」
愛染神社の桜
ひーちゃんが戻ってきた。
 「此処だよ、愛染神社は、この丘の上に有るんだよ桜は、
ところでおとうさん達が大鎌をもって小枝の枝払いをしているよ、堰普請かな、松原は。」
 「えーー、フシン、不審者でもいるのかな、外へいかない方がいいかなー」
僕は、不安になってきた。
 「シュンちゃん、ダンナさんは、写真機持って、もう階段登っているよ、行くわよ。」

ザリガニ食べれんのへのパーマリンク

2008 年 2 月 28 日 木曜日

日曜日、ぼくは、散歩を追え、朝ごはんを済まして、何時桜見学に行くかと
準備万端ですが、クニちゃんが起きる気配がなく、ぼくも、眠くなってきた
「グー、グー。」
 イイ匂いがすると思ったら、昼時だ、良く寝たモンです。
マーちゃんの特製のスパゲッテイだー。クニちゃんも食べてる、朝、昼一緒かなー。
 昼食を終え、コーヒーを飲んで三人と僕がユックリしていると、
「松原に、ザリガニ、ジャー無く桜を見に行くよー。」
と、ひ―ちゃんが喚いた。
「行きましょう。」
と、マーちゃん
「僕、イカナヨ。」
と、クニちゃん。
「わんわん。」
と、僕。
 思いたったら早いです。もう松原に着きました。
「でも、クニちゃんは、桜に興味がないんだなー、デートかな。」
と、田んぼを眺めながら独り事を呟いていると、ひーちゃんが突然に。
愛染神社の桜
「あー、ザリガニは、おれも、高校時代に此処に獲りに来て、
シッポの部分を 煮て食べたんだ。」
「あそー、北欧のドッカの国でも食べていたのをテレビで見たわよ。」

松原とザリガニとさくらへのパーマリンク

2008 年 2 月 28 日 木曜日

アキくんの結婚式が終えて、3,4日は、写真を見ながら、
披露宴、花婿、花嫁さんの話で持ちきりでしたが、ひーちゃんが、
急に我に戻ったように、
「桜は何処。」
と言い出しました。
「山形は五部咲きないじゃない。」
と、まーちゃんが言うと。
「シュナ、何で教えないだ。お前は桜の花の匂いがするんだろー。」
と、足蹴りが飛んできそうなので、リビングを出て、ガラス越しにひーちゃんを見てると。
桜の地図を広げてブツブツ言ってます。
愛染神社の桜
 
 少しドアを開けて、耳を澄ますと。
「山形の南は、満開かも、えー、松原にも古木の桜があるんだ。
松原―、クニが小学生の時に、ザリガニを捕まえに行った所だよなー、
なんか、他に有ったような、感じがするがなー。」
「よーちゃんも一緒にいったわよ。」
「松原に古木の桜が有ったんだ。えーと、他にはー。」
と言う事で今年も桜探しが始まりました。

さくらの花より、花嫁さんのはなしへのパーマリンク

2008 年 2 月 28 日 木曜日

桜前線が東京を越えて、何時白河の関を越えて、
福島、山形に何時ごろに来るんだろうかとか、そろそろ毎年ことながら、
今頃になると、桜の話がボツボツと出始めるんですが、
今年は、話の兆しさえないのです。
 え、結婚式が今月、結婚とか披露宴とか、寒い季節に聞いていましたが、
今月とは、ところで誰の結婚式かな、まさか、クニちゃんでないなあー
東京で彼女に振られて山形のぼくんちに帰ってきて、一年経ちますが、
ガールフレンドは、何人かはいるかもしれませんが、
ぼくの、耳のアンテナと鼻の嗅覚によりますと、結婚まではいきませんね。
愛染神社の桜
 ジャー、誰、あーー、まーちゃんの実家の長男だって、
まーちゃんの甥っ子のアキくんだって、クニちゃんの従兄弟で、
従兄弟で始めての結婚だってさあー。
 それじゃー、さくらの話よりも、花嫁、花婿さんの話だよなー