‘長崎のお達磨のさくら’カテゴリーのアーカイブ

中山町 「長崎のお達磨のさくら」へのパーマリンク

2007 年 5 月 29 日 火曜日

山形市の西隣の須川を越えた所に、中山町長崎という地名を持った町がある。
 山形市の文翔館から、国道112号を西に30分程走り、船町橋を渡ると直ぐ長崎達磨寺である。
長崎達磨寺の入り口に、旧道とバイパスとが歴史を交差させるように、
信号機が三色の光を放ち交互に“まばたき”をしている。
お達磨のさくら
 緑色のひかりで左の旧道に入り、くるっと180度廻りアクセルを踏むと、
正面に堤防が覆い被るように迫ってくる。瞬きすると、歴史のカーテンが左右に開き、
河原の道の先に木橋が架かり、その上をボンネット付きの薄ピンクと紅茶に染められたバスが、
肩を揺らして走っている。ブレーキを踏むと、カシャンと歴史のカーテンが閉じた。
お達磨のさくら
 家の間の道を左に折れると、国道112号下に、小さなトンネルが開いている。
ここを貫けると、時空がタイムスッリプするかと思えば、緑に覆わていない田園が一面映し出された。
右手の堤防沿いには、果樹の木々が花を咲かせようとしている。
遠くには雪をかぶった月の山が美しく聳えている。
お達磨のさくら
 田園の農道を1kmほど進むと、高速道路の帯が近づく。
須川の堤防と、高速道路の堤との間に、林がある。駐車場に車を止めドア開けると、
数百年の時の息づかいをしながら、精一杯美しく、当の昔朽ちた達磨寺を偲ぶかのように、
3本の桜が咲いている。
お達磨のさくら