‘釜ノ越ザクラ’カテゴリーのアーカイブ

白鷹町 「釜ノ越ザクラへのパーマリンク

2007 年 5 月 29 日 火曜日

薬師堂の桜の近くにある釜の越のさくらを目指すことにした。
ポンプ小屋の脇に止めてあった車に戻り、後を気にしながら県道に出て、
また、南にむけてアクセルを踏んだ。すぐの十字路を過ぎると右方向に桜マークがあり、
ガードマンが赤い棒を持って立っている。
 赤棒に誘導され、3m程の幅の道へと右折した。
建物が点在する路地を50m程進むと車が前に詰まっていたが、
ノロノロと動き出しストップする事も無く観光協会のおじさんに
臨時の整地のあまり行き届かない駐車場に案内された。
 ドアをあけ外に出ると農村公園風に整備された広い平地の真中に、
釜の越ザクラが澄みきった空に高く、両手をいっぱい広げている。
伝説の3巨石を何百年も守っているようだ。
 多くの見物人が桜を見、石を眺め、シャッターを押し、ビデオカメラを廻している。
 
釜ノ越ザクラ
車のドアをロックしようと車に目を返すと、車の窓からミニチャーシュナウザーが顔を出し、
外に出たいと目をクリクリしている。
 犬の名前はシュナ。首輪を付け外に連れ出すと、花には興味がなく
切り株にオシッコをかけたかと思うと、クンクンと右をみてニオイをかいでいる。
 ここにもテントが張ってあり、醤油とイカのダシでとった玉蒟蒻のニオイが漂っている。
テントのテーブルには、蒟蒻鍋、饅頭、漬物、ごまクッキーなどが置かれ、
婦人会のおばさん達が白いカッポー着姿で忙しく動いている。
釜ノ越ザクラ
  古典さくら見物を釜の越さくらを最後にして帰路についた。
ハンドルを握り、東の方向に走り始めると、高玉の田んぼと畑が傾斜しながら続き、
その端に最上川がゆったりと流れている。北東に荒砥の町並みが目に映った。
町並みの奥の方には、白鷹山がさくら景色を眺めているようである。
釜ノ越ザクラ