‘盛岡市 [石割桜」’カテゴリーのアーカイブ

盛岡市「石割桜」へのパーマリンク

2007 年 5 月 29 日 火曜日

盛岡市のまちの中を中津川が流れている。
福岡の中州、岡山の柳川、大阪の道頓堀、京都の桂川・賀茂川、
岐阜の長良川、東京の隅田川、神田川、仙台の広瀬川。
何処もせせらぎの音に詩や、住む人の思いがあり、そして、それぞれの歴史観ある。
私は、まちを流れるシンボル川の中でも、この盛岡の中津川の風情が好きだ。
石割桜
 サカナがのぼる中津川は、歴史をしのばせる石組み護岸で、瓦葺きの白壁と樹木が調和する。
川の水は澄みきっていて、自然のまま蛇行している川には橋以外はコンクリートが見当たらない。
川の水辺と土と叢は段差が余り無く一体感がある。もっと何かを感ずるものがある。
それは、澄みきった空気と東北の人々の控えめさ、
奥深さからくる都会の人間臭さを抱かせない趣である。
また、この光景が、幼い頃の川や堰で遊んだ野と水辺の雰囲気を思い出すのかも知れない。
まちの中心を遊んだ中津川は、鉄道橋が対岸に見えると北上川に解けこむ。
この合流地点から市街地に500m程遡ると左側に欅の大木が数本川辺を覆っている。
この欅達よりまだ高い建物が市役所で、中津川沿いの通用口から
ロビーを抜けて正面玄関に出ると大通りがまともにぶつかってくる。盛岡市の官庁街である。
石割桜
市役所から右側の舗道を歩くと岩手県合同庁舎隣に大正時代のレンガ造り公会堂がある。
その次ぎが岩手県庁、また足を進めると裁判所がある。
しかし、じっと見ないと何の建物かわからない。
玄関前に大きな石があり、この石を真っ二つにしドウだと枝を大きく張って威張っている桜がいる。
石割桜である。