‘雪の降る町よ、桜も満開’カテゴリーのアーカイブ

出店の裏にエドヒガンへのパーマリンク

2007 年 4 月 11 日 水曜日

 歌謡曲に誘われ鶴岡市役所の西の道路を横断して城跡鶴岡公園の東入り口に立つと
真っ直ぐな参道にデッカイ石の鳥居がデカンと、中央に赤、ピンク緑の祭りぼんぼりと
両側にズラート並ぶ赤、黄色の暖簾で飾られた出店を整列させるかのように立ち、
居並ぶボンボリと出店の奥に庄内神社が小さく見えた。
 桜祭りかあー。
 桜よりも多くありそうな、焼きそば、わた飴、いか焼き、
バナナチョコレート等の出店を眺めて石の鳥居の前までくると、
「後ろ、後ろ、左後ろにエドヒガン桜があるよ。」
とデッカイ鳥居さんが教えてくれた。
鶴岡さくら
 振り向き桜をジーと見つめると出店の後ろに
染井吉野より花が小さい7分咲きの桜があった。
「エドヒガンだ。古木かな。」
と言いながら出店の裏側に回るとお城の土塁跡にドシッと根を張っている。
根元に保存樹木、エドヒガン、鶴岡市市民の森の会と立て札が立っている。
 「百何十年かなあー、ヨイショ。」
と、お城の土塁跡に登り見渡すと出店に桜が覆い被さるように咲いている桜に混じり
土塁跡に1分咲きの古い枝垂れ桜が3本、未だ寒そうに頑張っている。

庄内藩の城下町へのパーマリンク

2007 年 4 月 11 日 水曜日

 今日は庄内の古木桜を探しに出かけようと張り切っているが
庄内地方は時折不安定な天気予報のようである。
 月山ダム湖の道の駅のソフトクリームが美味しいとお酒も好きなのに、
大判焼き、ソフトクリームが好物なんだよなーと独り言を言いながら
雪を被る月山と山谷の残雪を眺め、国道112号月山新道を通過して庄内に入った。
 仕事を終えたら桜探してくるよと総務のOさんに告げて会社を出てきた。
酒田市、三川町を廻り、レンガ造りの鶴岡市役所の駐車場に車を置き
市役所の中に入った。
間も無くして仕事を終え、出入り口のドアを出ると正面に庄内藩の藩校致道館が
正面に見え城下町の歴史を感じさせる。
鶴岡さくら
 城下町かと頷いていると、右手の方から桜の花の香りと歌謡曲が聞こえてくる。
確か本丸の城跡の方だよなーと歌謡曲に誘われるように、城跡の方へ歩いていくと
満開の桜の花が手招きしている。
「雪の降る街をじゃなく、春、桜の咲く街をかあー。 
古木の桜も有るかかも知れないなー、行って見ようーと。」